So-net無料ブログ作成
検索選択

電気工事士の資格

スポンサードリンク




さてさて、私が今まで取得した「無駄な」資格の一つに、第二種電気工事士というものがあります。

自分の家の電気工事が出来るので、一概に「無駄」とは言えないかも知れませんが、それでも滅多にそんなことするわけじゃありませんし、仕事に必要なわけでもないですから、ある意味「無駄」だと思います。

ところでこの資格、意外に思われるかもしれませんが、受験するにあたって必要な条件は一切ありません。

よく、電気系の勉強を高校などでやっている必要がありますよ、とかいう条件付の資格もありますが、第二種電気工事士に関しては、試験を免除される条件はあるものの、誰でも受験することが出来ます。
しかも合格点もそれほど高くありませんので、毎年結構な数の方が受験しているようですね。

ちなみにこの資格では、筆記試験と技能試験を受験する必要があります。

筆記試験は、多少の数学や電気の知識が必要です。また、電気工事に関する法律も勉強しなければなりません。
とはいえ、過去問をひたすら解いて覚えるだけで割といい点が取れますし、いよいよダメならば難しい計算問題はスルーしても何とかなるものです。

問題は技術試験です。こちらは実際に自分で工具を用意して、所定の時間内に電気工事もどきの「作品」を作ります。
なので、実際に資材や工具を一式購入してひたすら練習するしかありません。

とはいえ、ただ練習するだけでは時間内に作り上げるのは難しいです。
ですので、ちょっとした「裏技」的な方法(実際に仕事で使える方法ではないという意味で)をマスターすれば、割と簡単にできるようになります。

受験するにあたって不安がある方は通信講座を利用するのも一つの方法ですが、多少高くつくのがネックになるでしょう。
バリバリの理系で手先も器用な方は、独学で受験しても簡単に合格できると思いますので、興味のある方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。ひょっとしたら「無駄」じゃないかもしれませんよ。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。