So-net無料ブログ作成
- | 2014年07月 |2014年08月 ブログトップ
前の10件 | -

久方ぶりの日記更新

すっかりご無沙汰してしまいました。ちょっと日記の更新が滞ってしまったようです。

その間何をしていたか?もちろんダイエット!・・・うそですゴメンナサイ・・・

いやいやそうではなくて、ちょっと仕事が忙しくなりまして、ここしばらく帰りが遅くなってしまったんですね。
で、今の職場は家から少し遠いので(東京の方に比べればかわいいものですが・・・)、朝6時起きするためには、どうしても11時くらいには就寝しないとダメなんです。

そんな訳で、帰りが遅くなると、こうして日記を書く時間もなくなってしまい(ネタを考えるだけでも結構かかります・・・)、ついつい更新がおろそかになってしまうんです。

とはいえ、自分でもよく三日坊主にならないで続けているなぁ、なんて感心しています。

ところでそのお仕事ですが、まぁ忙しいといっても、基本的にそれほど残業することはありません。
今回忙しかったのは、どこのプロジェクトでもよくある話なんですが、途中で一部の仕様変更(というより不確定な部分がやっと固まった)により、今まで作業していたものすべてに変更を加えていたから、というのが一つの理由。

それともう一つ、これは完全に自分のミスですが、色々と作業しているうちに「これはこうした方がいいんじゃないかな?」なんて思ったりして、ろくにバックアップも取らずにいじり始めたりするんですね。
で、やっぱりやめた、となって元に戻そうとするわけですが、余計なところまで削除してしまったんですね、うっかりと。

・・・30秒ほどフリーズです。もちろんバックアップなどありません。

それを元に戻すのに、丸一日かかってしまいました。あぁ俺のバカバカ・・・(リフレイン)

それでもそんなに大げさに騒ぐ事態ではありませんでしたし、何とかその分の遅れも取り戻せたわけですから、結果オーライ、前向きに行きましょうや。
教訓!水分とバックアップはこまめに取りましょうね。

電気工作も結構好きです

さて、前回電気自動車の話題を取り上げたところでありますが、その際に少し触れた、普通の車を電気自動車に改造する件について少々お話させて頂きます。

私もつい2年ほど前まで、そういう取り組みを広く普及させたい、という人達が集まる、とある団体に所属しておりました。
ここ最近公私共に忙しくなってしまって、すっかりそちらの活動からはフェードアウトしてしまって申し訳なく思っているのですが・・・

で、その時の活動として、自動車は難しいけど、バイクなら出来そうじゃないか?ということで、新聞配達などに良く使われているバイク(けっこうぼろぼろの中古品)をとある方から譲り受けて、電気バイクに改造したことがあります。

いざやってみると、バイクとはいえども、結構大変でしたね。

何が大変って、それほど大きくもないエンジンですが、これをはずすのもなかなか一苦労ですし、しかも結構な重さがあるんです、当たり前ですけど。
なので、色々工夫しないとうまくいかないものです。

で、次に苦労したのが、適当に見繕って購入したモーターを、さてどうやって取り付けたものか?そのモーターと後ろのタイヤをどうやってつなげるか?というところ。

実はこのモーターに取り付けるために一緒に購入した歯車では、今まで使っていたチェーンに合わなかったんです。
なので色々考えた末、元々のエンジンで使っている歯車の新品を改めて調達して、むりやりモーターに取り付ける方法を採用しました。

その後の電気配線は、設計も含めて私が担当しました。
それから、バッテリーの残量がわかるように、またどれくらいの電気を消費するかの参考にするため、電流・電圧計も私が開発したんですね。

実は自分でプログラムを開発して制御できるマイコンが数多く市販されており、それを使った電子回路の本なども結構な種類のものが市販されているんです。
何でもやってみたい自分としては、これはやってみる価値があるかも、てな具合で、それなりに苦労はしましたが、そこそこ使える物が出来ました。

まぁ結果としては、やはりモーターが馬力不足で、全然スピードが出ませんでしたが、それでもみんなでワイワイ楽しく出来たのは良い収穫になったのではと思います。

ガソリン高と電気自動車

先日の日記にも書きましたが、我が家の車は非常に燃費が悪い車です。

とはいえ、燃費の良い車に買い替えるかどうか、となると、それはそれでまた別の問題がありますので、そうもいかないわけです。

ところでそんなご時世ですから、最近はハイブリッドカーとか電気自動車とか、いろいろな車が世に出てきましたね。
そしてそれらの車はなかなか高くて買えないよ、という方のため、かどうかは知りませんが、いわゆる「アイドリングストップ」機能がついた車も最近増えてきてますね。

この「アイドリングストップ」ですが、私個人的には、燃費的には良いことかもしれないものの、車自体の寿命を縮めてしまうのではないか、といささか疑問に思っております。

車のエンジンというものは、大変精巧に出来た金属のパーツで構成されている、とてもデリケートなものです。
これらの部品がきちんと滑らかに動くために必要なのが「エンジンオイル」というものでして、金属同士がこすれて磨耗するのを防ぐ、という重要な役割があるわけです。

ところでこのエンジンオイルですが、アイドリングストップ機能がついている車では、そのために作られた専用のオイルを、頻繁に交換してあげる必要があるそうですね。
まぁ交換にかかる費用などを考えると、せっかく燃費の良い車でガソリン代が節約できたとしても、その分余計なコストがかかるし、かといって普通の安いエンジンオイルでは、車の性能を維持できる保証がない、ということになるのです。

もちろん、電気自動車であれば、そんな面倒なことは考えなくても良いわけです。
とはいえ、実用レベルという意味では、普通のエンジン付きの車に比べればまだまだ遠く及ばないわけですし、価格的にもそう簡単に手の届くレベルではないですね。

最近では普通のエンジン付きの車を電気自動車に改造する、「コンバージョンEV」という方法もあるようですね。
まだまだ趣味の域にとどまっているようではありますが、いずれ試してみたいなぁと思ったりしております。

会社の健康診断

さて本日、転職したばかりではありますが、会社の健康診断に行ってまいりました。

健診のお知らせが来た時には、40歳以上ということもあって、てっきりあの「バリウム」検査がついているものだとばっかり思っておりました。
ちなみに胃の検査というと、「胃カメラ」とどちらか選べるのが普通だと思いますが、私の会社の健康診断は、職場に健診車が来てくれるというゴージャスなものですので、その都合で「胃カメラ」はないそうです。

で、覚悟を決めて本日健診に行ってみたのですが、どうも様子がおかしい。身体測定や心電図、胸部レントゲンなど一通り終わった後受付に戻ると、「すべて終了ですね。」と。

え?バリウム飲んでないよ?

いや、別にどうしても飲みたかったわけではないのですが、これだけ飲み食べ我慢して覚悟してきたのに、なんで??と思いながら会社に戻りました。

そこで本日の健診の内容を改めて確認してみると、どうやら40歳以上は「無料で」オプションとして付けられる、ということのようでした。
あ~私の勘違い!参りましたねぇ・・・

ともあれ、特段問題もなく、視力検査は良く見えもしないのに「勘」で答えたら「よく見えてますねぇ~」ということでバッチグー!
一番の問題は、転職してたかが2ヶ月足らずで4kgも太ってしまったこと!!

・・・そりゃそうですよねぇ、ほとんど外も歩かないで、毎日(あまり美味しくはないが)中の社員食堂でたらふく(値段は安いので)お昼食べれば、太るわけだ。
でも胴回りは正常な値の範囲でしたので、かろうじて「メタボ」の烙印は押されずに済みましたけど。

さぁてと、明日からダイエットでもしようかな?って毎日言ってる自分です。

電気工事士の資格

さてさて、私が今まで取得した「無駄な」資格の一つに、第二種電気工事士というものがあります。

自分の家の電気工事が出来るので、一概に「無駄」とは言えないかも知れませんが、それでも滅多にそんなことするわけじゃありませんし、仕事に必要なわけでもないですから、ある意味「無駄」だと思います。

ところでこの資格、意外に思われるかもしれませんが、受験するにあたって必要な条件は一切ありません。

よく、電気系の勉強を高校などでやっている必要がありますよ、とかいう条件付の資格もありますが、第二種電気工事士に関しては、試験を免除される条件はあるものの、誰でも受験することが出来ます。
しかも合格点もそれほど高くありませんので、毎年結構な数の方が受験しているようですね。

ちなみにこの資格では、筆記試験と技能試験を受験する必要があります。

筆記試験は、多少の数学や電気の知識が必要です。また、電気工事に関する法律も勉強しなければなりません。
とはいえ、過去問をひたすら解いて覚えるだけで割といい点が取れますし、いよいよダメならば難しい計算問題はスルーしても何とかなるものです。

問題は技術試験です。こちらは実際に自分で工具を用意して、所定の時間内に電気工事もどきの「作品」を作ります。
なので、実際に資材や工具を一式購入してひたすら練習するしかありません。

とはいえ、ただ練習するだけでは時間内に作り上げるのは難しいです。
ですので、ちょっとした「裏技」的な方法(実際に仕事で使える方法ではないという意味で)をマスターすれば、割と簡単にできるようになります。

受験するにあたって不安がある方は通信講座を利用するのも一つの方法ですが、多少高くつくのがネックになるでしょう。
バリバリの理系で手先も器用な方は、独学で受験しても簡単に合格できると思いますので、興味のある方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。ひょっとしたら「無駄」じゃないかもしれませんよ。

庭先の花々

我が家は一応、狭いながらも楽しい一軒家なのですが、やはり庭付き一戸建てというのは、自分なりにあちこちアレンジして楽しめるというメリットがあってよいものだと思います。

ということで、庭先にこじんまりとした花壇を作って、何種類かの花を植えておりますが、それぞれ咲く時期が少しずつ違うため、春から夏にかけて長く楽しめます。

春先にはまず桜が咲き、その下に植えている芝桜もやや遅れて咲き始めます。
桜が散る頃には、今度はツツジが咲きます。

その後、少し寒の戻りが来るころ、ライラックが見ごろを迎えます。
ちなみに私札幌の住人ですが、この頃の寒さを「リラ冷え」(リラはライラックの別の呼び方)と呼んでいるそうです。

少し間をおいて、今度はラベンダーが咲きそろいます。我が家の庭では、一番最後にアジサイが見ごろを迎えます。
今ちょうどまさに、アジサイが咲きそろっているんですね。本州に比べるとかなり遅いほうだと思いますが。
(私のイメージでは梅雨空の雨の中に咲くものだと思っていますが、違いますでしょうか・・・)

ちなみに、我が家の花壇は、実は私と家内でちまちま作ったお手製のものです。
お手製ではありますが、きちんと地面を掘り下げて基礎を作り、その上にレンガを積み上げて作った、割と本格的なものなんですね。

それらの材料については、近所のホームセンターで簡単に購入できます。
それに花壇の作り方等のノウハウなんかは、もちろん本屋さんで本を買うのもありですが、ネットで調べても沢山(しかも細かな過程の写真付きで)出てきます。

ともかく、なんでも自分でやってみる、そしてたとえ失敗したとしても、誰も文句言わないわけですから、それはそれで楽しむのが一番ではないでしょうか。

デジもの音痴

私の仕事はSEでして、自宅のパソコンも自作したもの。

というと、さぞやデジものに囲まれた生活をしているのでは、と思われている方も多いかと思います。

ですが私、むしろデジものは信用しておりません。
出来る限りアナログな生活をしたい、と思っているくらいです。

まぁ、この業界で色々と大変な目にあっていることもありますから、デジものにはトラブルがつきもの、とか、所詮人間が作っているものだから完璧なものはない、とか、ともかくいろいろな理由があります。

そんな理由もあったりして、携帯電話はいわゆる「ガラケー」です。
これだって、家族との連絡に通話機能とメールのどちらかしか使ってません。

という私ではありましたが、つい最近、スマホデビューいたしました。

最初に購入した理由は、転職する前の会社で担当していたシステムがスマホを使ったシステムで、その動作確認に使うため、だったんですね。
そのような理由から、キャリアで購入したわけではなく、中古品をネットで購入したわけです。

ところで、私の私用メールはブラウザで見ることが出来るようになっています。
なので、スマホでチェックできるのであればそれに越したことはありません。

ということで、私用メールを確認したりするために、最近ではスマホを利用することが多くなりました。

スマホ特有の操作もだんだん慣れてきましたが、指が太いせいなのか、どうも狙った場所を押すことが出来ないようです。
なので、例えば「ぬ」と入力する時も「な→に→は」となってしまうので、そのたびにやり直しです。

それでもあまりにもやり直すことが多いので、パソコンと同じキー配列(かつローマ字入力)に変えてみましたが、それでも「み」と入力するところが「も」(iじゃなくてoが押されたりする)になったり、何かと大変です。

やはりデジものは、どうも好きにはなれないですね。てかこんなに下手くそなのは自分だけ?

節電が一番大事

ガソリンが高いですね。

我が家の車は、実家の両親が来てもみんなで乗れるような大きな車です。
なので当然ながら燃費が悪く、ここ最近のガソリン高では家計への負担が大きくなる一方です。

で、家計の負担を軽減するために何が出来るか?というところですが、節電の意味も含めて、やはり電気代を見直すこと、これに尽きるのではないでしょうか。

もちろん、部屋の電気をこまめに消すとか、冷蔵庫の開け閉めを出来る限り減らすとか、テレビは主電源から切るとか、細かい節約方法は色々あるかと思います。
ですが一番効果的な方法。実は、部屋の照明を根本的に変えること。

例えば廊下やトイレ、風呂場等で使う「白熱電球」。これが実は一番電気を使うんですね。
全体的につけておく時間は短いかもしれませんが、それでも家族4人が1日でトータルで使う時間を考えれば、結構な電気を使っているはずです。

ということで、これらの白熱電球は、最近安くなってきた「LED」電球に取り替えてしまえばよいわけです。

それからもう一つ、夜間ずーっとつけっぱなしになる居間の電気。我が家は蛍光灯を使ったダウンライトなんですが、これもこの際LEDに替えてしまいました。

ところで、そのために超えなければならない問題が、ダウンライトを器具ごと丸ごと替えるには、資格を持った技術者でなければ出来ない、ということ。

で、先だっての自己紹介にもありましたが、私が持っている「第二種電気工事士」という資格が役に立つわけです。

この資格については、また後日改めてお話したいと思いますが、家庭や一般的な事務所等の電気工事を行うためには、この資格を持っていないとダメ、ということが法律で決められております。

まぁ中には自分の家のことだから、資格無しでも構わないでしょ、という方もいるかもしれませんが、何の知識も無しにやってしまうと、火災や事故等の危険性もありますので、やめておきましょうね。

お仕事頑張りましょう

毎日暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私が毎日仕事をしているところは、会社の方針として省エネを徹底していることもあり、エアコンの設定温度が高めになっております。

ですので、暑い思いをして職場にたどり着いても、涼しい室内を期待することが出来ないんですね。
なので必需品は「うちわ」。
これでもって汗が落ち着くまでひたすら扇ぎ続け、それからでないと仕事に取り掛かることが出来ないというわけです。

で、普通だとお昼時に外にでれば、また同じことの繰り返しになりそうに思いますよね。

ですが、建物内に社員食堂がありまして、わざわざ外に出る必要がないんです。
外に比べれば涼しい建物の中でお昼を済ませることが出来るのは、これ以上ないメリットではないでしょうか。
(実は私の職場では日中みだりに外出することが禁止されているんです・・・)

ところで、この社員食堂では、普通のコンビニ弁当や、自宅から持ってきた弁当を持ち込むことが可能なんです。
これまた規則によって、仕事場で食べることが禁止されているから、という理由からなんですね。
(お茶やコーヒーを飲むのは大丈夫です)

その他にも、仕事場は基本的にブラインドを閉めておかなければならないので、日中の日差しが入ってくることもなく、エアコンがさほど効いていなくてもそんなに暑いとは感じません。

とまぁ、いろいろ面倒くさい規則があってやや窮屈な感じもする職場ではありますが、慣れてしまえばそんなものか、という感じにもなりますし、売店や自販機も建物の中に在りますので、この暑い時期はもちろん、この先寒い冬であっても、外に出ることなく用事が済むのは良いのではないかと思います。

まずは自己紹介

本日よりスタートするこのブログ。

ベタな内容ですが、まずは運営者の自己紹介など。

40歳を少し過ぎたサラリーマンで、システム開発等の仕事をしております。

4人家族(妻と高校2年生と中学3年生)で、一応築10年のマイホーム暮らしです。

実は今年6月に新たな職場に転職したばかりで、つい先日まで色々ゴタゴタしておりましたが、最近ようやく落ち着いてまいりました。そのあたりについてはまた改めて、気が向いたら日記に書こうと思います。

趣味というほどのものは特にないのですが、興味のあることにはなんでも手を出すほうでして、よくわからない資格なんか取ったりしたこともあります。

その中には「アマチュア無線」なんて物もありますが、最近の若い方には「????」でしょうね、きっと。
携帯電話やインターネットがこれほど普及した現在の世の中では、殆ど何も意味のない資格ではないかと思ったりしてます。
(いやそんなことはないという方には申し訳ありませんが・・・)

そのほかの資格や最近はまっていること等、思いつくままに今後も日記に書いていこうと思います。

ちなみに、普段使っているパソコンは、初めて買ったものと時々使うサブノートを除いて自作PCです。
ですが、スペックには全くこだわっておらず、3~4年前くらいの性能でしょうか・・・
(しかもいまだにXPで、大丈夫なのか?)

そんなわけで、今後とも長いお付き合いをお願いいたします。

前の10件 | -
- |2014年07月 |2014年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。